2012年10月22日

せいぎ大学について

長らくブログの更新をしてなかったのでこれからなるべく更新していこうと思います。

今回はセイギ大学のことについて紹介したいと思います。
セイギ大学は毎年たくさんの留学生が来ています。一番多い国でいうと中国で、半年毎に入れ替わりますが、大体100人前後、2番目に多いのが日本で、その年によりばらつきはありますがだいたい30人前後はいます。その他ヨーロッパ各国から、アメリカから、アフリカ、南米からもからも来ています。


問題はこの日本人の多さなのですが、これからセイギ大学に留学を考えている方の一つの参考にさればと思い、個人的な意見も混ぜながら書いていきたいと思います。

日本大学からの交換留学制度はこれまでも、おそらくこれからも1年単位での留学になるかと思いますが、
もし留学に行ったことのない人が1年留学と聞くとそれこそ帰ってきたときにはペラペラになっているんじゃないかと思われると思います。
ですが、留学生活をどう過ごすかによって中国語のレベルにはかなりの差がでてきます。(そもそもペラペラという言い方もかなり曖昧なのですが、ここではある程度の日常会話ができるということにしておきます。)
これだけ多くの日本人がいますので、自然と日本人の和ができてそれこそ一日中中国語を話さず日本語だけ、なんてこともできてしまいます。さらに日本人には日本人専用の授業が設けらえれていて、前期のうちはそれを取ることを勧められます。もちろん日本人専用なので、授業はすべて日本語、テスト、レポートも全て日本語です。内容的には台湾の歴史や経済、中国とのこれからなどすごくために内容ではありますが、これでは日本で授業を受けているのとなんら変わりありません。
もしもこれからセイギ大学に留学に行く人がいましたら、その授業は前期だけにするなど調整をするといいかと思います。その授業以外、台湾人と受ける授業はもちろん全て中国語ですが、やはりこちらの方が最終的に自分の為になります。

1年の留学に来ている限り中国語に関してある程度のレベル帰るべきであり、そうでなければいけないと思います。
そういう僕も現在葛藤中で、特に後期に入ってからは日本人との交流はありません。全くといっていいと思います。時にはそれがすごいストレスになったりしますが、そういうときはスカイプで日本語を使ったりして息抜きしています。留学ももうすぐ終わりですが、どれだけ勉強してもまだまだ足りません。こちらには1年休学して留学2年目の人もちらほらいる影響で自分も休学しようかと考えているところです笑


長くなりましたが、最近少しブログの更新をしてなさすぎたのでまた近いうちに更新したいとおもいまーーーす。
posted by 日大国際留学生 at 15:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ブログ更新ご苦労様です!「まわりに日本人が少なくない中で,いかに語学力を向上させるか」静宜大に限らず,留学中の皆さんが直面する問題に触れられていますね。葛藤されている様子がよくわかりました!

 自分の置かれた環境を客観的にとらえて,それに対していかに行動すべきか考えることは,留学に限らず,これからの人生においてとても重要なことだと思います。必ずしもベストとは言えない環境も自ら働きかけることで必ず変化すると思いますし,苦労を重ねた後に手に入れた環境こそ,真の意味でベストの環境と言えると思います。一度しかない今を後悔しないように,引き続き頑張ってください!
Posted by TF at 2012年11月02日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。